Menu

お団子、串に刺すのは何個? | 株式会社孝行舎|東京都足立区の葬儀・家族葬

header logo

m header tel

m header btn

株式会社孝行舎

0120-81-5548メールでのお問い合わせ

お知らせ&葬儀の豆知識

お知らせ&葬儀の豆知識

お団子、串に刺すのは何個?

作成日:2018年10月04日(木)

団子は串刺しとは限りませんが、だんご3兄弟が大ヒットした際には実際に団子も売れに売れ、歌にあやかり1串4個から3個に変えるお店もあったようです☆

かつて江戸でも5個刺しが4個刺しに変わった時があったそうです。

江戸時代後期の随筆集「甲子夜話」によれば、団子1個1文として1串5個を5文で売っていたのが、”四文銭”の登場により1串4個4文が一般的になったのだといいます。

しかし、伝統の個数を守っている団子もあるようです。

 

団子

<羽二重団子>… 羽二重のように滑らかな食感であることからこの名がつけられ、森鴎外や正岡子規など、多くの文人に愛されました。夏目漱石は「吾輩は猫である」でもこの団子についてふれています。

 

<言問団子>… この団子は古今和歌集にある在原業平の歌「名にしおはばいざ言問はん都鳥 我が思ふ人はありやなしやと」にちなんで名づけられました。幸田露伴や竹久夢二などに好まれ、池波正太郎の『鬼平犯科帳』にも登場します。

0120-81-5548メールでのお問い合わせ